紀州リハビリケア訪問看護ステーション

和歌山市の訪問看護ステーション 紀州リハビリケア訪問看護ステーション

〒640-0332 和歌山県和歌山市冬野1335-1
TEL 073-488-7451
※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

アクセスカウンター

スタッフ紹介

     事業管理者  阪部千加     
 
看護部門所長  阪部 千加
     副所長 亀井 里奈
リハビリテーション部門所長 山本 哲生

 

代表取締役 寺本 千秋(テラモト カズアキ)

【資 格】 作業療法士(H11年取得)
認定作業療法士(H30年認定)
[摂食嚥下]専門作業療法士 (H31年認定)
[  訪問  ]専門作業療法士 (R2年認定)
精神科訪問看護基本療養費算定要件となる研修会(H28年受講)
【専門領域】 内部障害、神経難病、住環境・福祉機器、等
【所属学会】 日本作業療法士協会、
日本摂食嚥下リハビリテーション学会 等
【活 動】 和歌山県訪問看護ステーション連絡協議会(理事)
大阪府(和泉/泉佐野)保健所(難病巡回指導員)
NPO法人和歌山県口腔ケア&摂食・嚥下研究会(理事)
《非常勤講師》
藍野大学
高知リハビリテーション専門職大学
【執筆・表彰等】 〈編集〉
◆『臨床作業療法』前もって知ろう!訪問リハのアクシデント-医学的・非医学的リスクの対処策,Vol.12.NO3,青海社2015
◆『臨床作業療法』入門摂食嚥下の作業療法,vol.13.NO6,青海社2017
◆『臨床作業療法』重度障害に対する活動・参加アプローチ,vol.14.NO6,青海者2018
〈書籍・共著〉
◆多職種で取り組む食支援.P50-51,P113-115,南山堂,2017(古屋聡編集)
◆口から食べる幸せをサポートする包括的スキル-KTバランスチャートの活用と支援-第2章食事動作.P62-66,医学書院,2017(小山珠美編集)
<執筆>
◆『臨床作業療法』作業療法士が創る嚥下障害へのリハアプローチ 連載7回コラム,Vol.12.NO1-6,Vol.13. NO1,青海社.2015
◆『訪問看護と介護』訪問看護の“あと10年”2025年までにやっておきたい〇つのこと,Vol.20.NO1,医学書院.2015
◆「摂食嚥下障害を有する高齢者の地域支援体制の取り組み収集,分析に関する調査研究事業」厚生労働省 老人保健健康増進等事業.2014
〈学会発表〉
◆摂食嚥下障害を有する在宅生活者を専門職の多職種連携で支える~在宅嚥下往診システムの構築と報告~(第51回 日本作業療法学会)
◆地域で暮らす摂食・嚥下障害を有する方への専門職の多職種連携による支援 -嚥下往診の結果から考える作業療法士の役割-(第52回 日本作業療法学会)
社長

取締役 黒橋 佳洋(クロハシ ヨシヒロ)

【資 格】 理学療法士(S59年取得)
[神経系]専門理学療法士(H10年認定)
【専門領域】 小児疾患、脳血管疾患、骨・関節疾患 等
【所属学会】 日本理学療法士協会
日本ボバース研究会
徒手理学療法学会
【活 動】
大阪府和泉保健所(難病巡回指導員)
大阪府泉佐野保健所(小児巡回指導員)
和歌山県理学療法士協会
和歌山重症心身障害研究会(世話人)
徳島文理大学 保健福祉学部 理学療法学科(非常勤教員)
山本産業株式会社(健康管理科指導員)
【執筆・発表】 ◆第35回日本理学療法士学会 学会長賞(H13)
◆成人脳性麻痺患者の痛みに対するボイタ法の試み—理学療法 第18巻第2号 145—150:1991
◆Schwartz-Jampel Syndromの一症例に対する理学療法経過—理学療法 第21巻第7号 432—437:1994
◆脳性運動障害に対する痙縮軽減と抗重力屈曲運動の発現を目的とした刺激方法の試み—理学療法 第30巻第2号 29—34:2003
【コメント】 敏速かつ継続的に対応できる技術力を持って支援してゆくことを目標としています。
黒橋

 

看護師

管理者 阪部 千加(サカベ チカ)

【資 格】 看護師(H11年取得)
介護支援専門員(H21年取得)
精神科訪問看護基本療養費算定要件となる研修会(H28年受講)
【専門領域】 看護全般 老年看護 等
【所属学会】 日本看護協会
和歌山県看護協会
【 活 動 】 和歌山県訪問看護ステーション連絡協議会 理事
【コメント】  当事業所設立より訪問看護の業務を始めました。最初は病院での看護と在宅での看護の違いに戸惑いを感じることが多々ありました。しかし、病院では味わえない療養者様との1対1での看護やご家族様との関わりに魅力を感じ、毎日充実した気持ちで業務させて頂いています。
 今までの支援を振り返ると、関わる療養者様やご家族様をはじめ共に勤務する看護師やセラピスト・事務職員から様々なことを学び、日々成長出来ているのだと感謝の気持ちです。今後も一期一会の機会を大切に過ごしていきたいと考えています。
阪部

 

副所長 亀井 里奈(カメイ リナ)

【資 格】 看護師(H13年取得)
摂食・嚥下障害看護認定看護師(H19年認定)
【専門領域】 看護全般、脳血管疾患、摂食・嚥下障害 等
【所属学会】 日本看護協会・和歌山県看護協会
日本摂食嚥下リハビリテーション学会、静脈経腸栄養学会 等
【活 動】 和歌山口腔ケア&摂食・嚥下研究会 理事
【コメント】 在宅でも楽しく、安全に食事を食べ続けられるように各専門職と一緒に取り組んでいきたいと思います。
牧野

 

辻岡 裕美 (ツジオカ ヒロミ)

【資 格】 看護師 (H10年取得) 
【専門領域】  看護全般、神経難病
【コメント】  これまで訪問看護での支援の経験がなく、病院と在宅での看護の違いやご利用者との距離感に戸惑うこともありますが、同時にご利用者の生活の一部として関わり、支援できるやりがいも実感しています。ご利用者やそのご家族が、在宅生活でよりよい人生を送ることができるよう、支援を精一杯できるように取り組んでいきます。

 

川口 加奈 (カワグチ カナ)

【資 格】 看護師 (H16年取得) 
助産師 (H18年取得)
【専門領域】  看護全般、小児看護、老年看護
【コメント】  (準備中)

 

和田 真規子 (ワダ マキコ)

【資 格】 看護師 (H19年取得) 
【専門領域】 リハビリテーション看護
【コメント】 準備中 
準備中

 

久保 理恵 (クボ リエ)

【資 格】 看護師 (H9年取得) 
【専門領域】 リハビリテーション看護
【コメント】 準備中 
準備中

 

理学療法士

リハビリテーション部門 所長 山本 哲生(ヤマモト テツオ)

【資 格】 理学療法士(H16年取得)
[神経筋障害]認定理学療法士(R2年認定)
訪問リハビリテーション管理者養成研修会STEP3 修了(H28年)
日本理学療法士協会 指定管理者上級(H29年取得)
日本理学療法士協会 地域ケア会議推進リーダー(H26年取得)
日本理学療法士協会 介護予防推進リーダー(H26年取得)
【専門領域】 神経理学療法、内部障害理学療法、生活環境支援理学療法 等
【所属学会】 日本理学療法士協会 
日本神経理学療法学会
日本呼吸理学療法学会
日本地域理学療法学会
【活 動】
大阪府和泉保健所
和歌山県理学療法士協会
エコロジカル・アプローチ研究会
(難病巡回指導員)
(保健・福祉 講師)
 
【コメント】 リハビリテーションを通じて、皆さま方の一助になれる様、努力してまいります。
tetuo

 

下野 真琴(シモノ マコト)

【資 格】 理学療法士(H15年取得)
【専門領域】 骨・関節疾患、脳血管疾患 等
【所属学会】 日本理学療法士協会 等
【活 動】 日本理学療法士協会(会員)
【コメント】  在宅生活が継続でき、より豊かになれるように支援させていただきます。

 

須賀 朋 (スカ トモ)

【資 格】 理学療法士(H10年取得) 
【専門領域】 小児疾患
【所属学会】 日本理学療法士協会
日本ボバース研究会 
【コメント】   訪問リハは、実際の生活の場に介入することができるため、体調の変化や成長などに応じて起りうるさまざまな事象に対し、即座に対応することが出来るのが利点と感じています。
 必要なサポートを提供していく中で、訪問の時間が楽しいひとときであることを心がけて取り組んでいきたいと思います。
須賀

 

雑賀 温子 (サイカ アツコ)

【資 格】 理学療法士(H18年取得)
呼吸療法認定士(H23年取得) 
【専門領域】 脳血管疾患、呼吸器疾患
【コメント】   在宅生活で、ご利用者がその人らしさを引き出せるよう共に目標を考え、リハビリテーションのプログラムを計画していきます。
 ご利用者とご家族がより快適に過ごせるように支援していきたいと思います。

 

作業療法士

上山 翔太郎(ウエヤマ ショウタロウ)

【資 格】 作業療法士(H18年取得)
精神科訪問看護基本療養費算定要件となる研修会(H29年受講)
【専門領域】 摂食嚥下リハビリテーション、生活行為向上支援 等
【所属学会】 日本作業療法士協会 等
【 活 動 】 和歌山県作業療法士会 住環境・福祉機器支援推進委員会
【  論文  】 ◆『臨床作業療法』食支援に必要なリスクマネジメントvol.12(3),青海社2015
◆『臨床作業療法』生活期・在宅領域における摂食嚥下作業療法.vol13(6),506-510,青海者2017
【コメント】 全力で利用者様の生活をサポートいたします。
しょうたろう

 

横山 みなみ(ヨコヤマ ミナミ)

【資 格】 作業療法士(H29年取得)
日本けん玉協会 弐段
【専門領域】 認知症、高次脳機能障害、発達障害、 等
【所属学会】 日本作業療法士協会
【   活動   】 和歌山県作業療法士会 住環境・福祉機器支援推進委員会
【学会発表】 初発脳卒中者の地域生活移行期における訪問作業療法の役割(第52回 日本作業療法学会)
【 コメント 】 大学生時代から非常に興味をもった訪問看護ステーションへ入職でき、日々たくさんの利用者様の支援に携わっています。
利用者様にとって在宅での生活がいかに大切であるかを常に考え、熱い先輩スタッフと共に全力で支援します。

 

小林 大作(コバヤシ ダイサク)

【資 格】 作業療法士(H19年取得)
認定作業療法士(H24年認定)
[訪問]専門作業療法士(H31年取得)
作業療法士臨床実習指導者研修 修了(H26年)
国際医療福祉大学大学院 修士課程(保健医療学)修了(H26年)
福祉情報技術コーディネーター 1級(H27年取得)
【専門領域】 神経難病、IT活用支援、福祉用具・住宅改修 等
【所属学会】 日本作業療法士協会、日本訪問リハビリテーション協会
【   活動   】 日本作業療法士協会 福祉用具相談支援システムアドバイザー
和歌山県作業療法士会 住環境・福祉機器支援推進委員会(委員長)
大阪府(和泉/泉佐野)保健所 (難病巡回指導員)
【論分・発表】 〈論文〉
◆『臨床作業療法』目標とする作業の獲得に向けた環境調整のリスクマネジメントvol.12(3),青海社2014
◆『臨床作業療法』生活の成り立ちを支援する訪問作業療法の難しさと醍醐味vol.13(6),青海社2017
◆『臨床作業療法』重度障害に対する活動・参加アプローチ;訪問リハビリテーションでの支援-「○○できる、○○したい!」を見出し支える.vol14(6),青海社2018
〈学会発表〉
◆自宅へ退院した初発脳卒中者の生活の成り立ち―活動状況の変化とその分析から―(第49回 日本作業療法学会)
◆進行した多系統萎縮症患者へのコミュニケーション支援(第55回 日本リハビリテーション医学会学術集会) など
【 コメント 】 ご利用者やご家族にとって大切な活動を継続あるいは再獲得できるように支援していきたいと考えています。
小林

 

言語聴覚士

山本 真生子(ヤマモト マキコ)

【資 格】 言語聴覚士(H16年取得)
【専門領域】 失語症、構音障害、嚥下障害、等
【所属学会】 日本言語聴覚士協会
和歌山県言語聴覚士会
【 コメント 】 言葉の困りごと、飲み込みの困りごと、ご相談ください。コミュニケーションや食事というのは「その人らしさ」の象徴です。お一人お一人の気持ちに寄り添いながら、貴重な暮らしの中で「その人らしさ」をお手伝いさせていただきます。

 

東本 智加(ヒガシモト チカ)

【資 格】 言語聴覚士(H16年取得)
【専門領域】 失語症、嚥下障害、構音障害、等
【所属学会】 日本言語聴覚士協会
【 コメント 】 ご利用者がご家族と暮らす場で、より安心して毎日が送れるよう、多専門職と十分連携し、必要な支援をしていきたいと考えています。

 

事務職員

小路 友紀子 (ショウジ ユキコ)

【資 格】  (準備中)
【 コメント 】 訪問支援が円滑に進むように、事務的なサポートをさせていただいております。よろしくお願いいたします。
準備中

 

非常勤

看護師2人、理学療法士3人、作業療法士3人、言語聴覚士2人